女性が水虫になりやすい理由

女性が水虫になりやすい要因の一つにブーツがあります。冬になると防寒対策用のグッズとしてブーツをはく機会が増えますが、実は寒い季節であってもムレやすいために水虫の原因になっています。一度はいたら外出先ではなかなか脱ぐタイミングがありませんので、一日中はいてしまうこともあります。しかし、はいている時間が長ければ長いほどリスクが高くなりますので、できれば途中で何度かぬいておきたいところです。通勤用に利用している人は、会社ではサンダルばきにするなどの工夫をすることで対策が立てられます。外出先ではトイレに行くタイミングなどで、短時間でも脱いでおくことが大切です。
また、毎日同じブーツをはくことでも起こりやすくなりますので、何足か用意してローテーションを組むことも有効です。これは、水虫対策に効果があるだけでなく、靴を長持ちさせるという意味でも取り入れたい方法です。靴は毎日はくことではやく傷みますが、交互にはけばその分長く使用することができます。
一日の終わりには、石鹸やボディーシャンプーなどでしっかりと指先や指と指の間、足の裏まで洗います。雑菌をその日のうちに洗い流しておくことが重要であり、臭い対策にもなります。

Comments are closed.

最近の投稿