内ももの隙間をつくる!もも裏ストレッチ

夏本番が近づいてくると、気になるのが足の太さです。短めのスカートやパンツを着用する機会が増え、太ももの太さが気になります。そのため、足に自信がないと足を露出したスタイルの洋服が着られなくなるなど、ファッションが楽しめなくなり、残念な思いをする人も少なくありません。ですが、女性にとってファッションは重要なものであり、いくつになっても楽しんでいたいものです。
そんな太ももに自信がない人に、効果的なもも裏ストレッチを2つ紹介します。
まず、片方の膝を床につかせます。その際、もう片方の足は立てておきます。そのまま背筋を軽く伸ばし、上体を前に倒します。そして、ゆっくりと両手を床につけます。もも裏を感じながらお尻と床が平行になるように後ろに引いていきます。お尻を引く際、ゆっくりとスムーズに引くことが重要です。次に反対の足に変えて、同じ動作を行います。
では、もう1つのもも裏ストレッチを説明します。まず、両足を伸ばして床に座り、両手を体の後ろにつきます。そして、片方の足をお尻の側に曲げます。曲げた足の膝が床から離れないように意識して、腰を伸ばしている足の方にひねります。この時、もも裏に意識を集中しておくことが重要です。次に、左右反対の足で同じ動作を行います。
以上のようなストレッチを日々行うことで、内ももに隙間ができ、自分の足に自信が持てるようになるのです。

Comments are closed.

最近の投稿