水泳がダイエットに向いている理由

 

泳ぐことがダイエットに向いている理由はいくつかあります。まず代表的な有酸素運動のウォーキングやランニングに比べて膝や腰など関節への負担が圧倒的に少ないことです。太り気味で長時間(長距離)のウォーキングやランニングで関節に痛みが出やすい方でも浮力の得られる水中ではそれらの心配は少ないといえます。次に心肺機能の強化にも効果的と言えます。クロールにしろ平泳ぎにしろ泳いでいる間は呼吸の制限が発生しますので、自然に心肺機能が強化されていきますので、日常生活の中での階段の上り下りでは息切れがしにくくなり、家事などの軽度の運動では疲れにくくなります。また泳法によりますが、ウォーキングやランニングは下半身の筋肉が多く利用されますが、水泳は体の中の比較的大きな筋肉(足の筋肉、腹筋、背筋)を満遍なく多く使用しますので脂肪燃焼効率はウォーキングやランニングより高い傾向にあります。さらにこれらの筋肉量が増えれば基礎代謝が増加しますので痩せやすい体質に変化し、体重減の後のリバウンドの心配も少なくなります。少々食べすぎた位では太る心配はありません。体型も一部の筋肉を鍛えるわけではないので全体的に健康的で引き締まって見えるようになります。

 

Comments are closed.

最近の投稿