ストレッチのし過ぎはたれ尻を招く

お尻が垂れてしまうと後ろ姿が全体的にだらしなく見えてしまいます。それを予防するためにストレッチをしている人も多くいると思われます。
しかし、それが逆にたれ尻を招いている可能性があるのです。
お尻を気にしてばかりでお尻や太腿の裏ばかり伸ばして太腿前を伸ばさずにいると、太腿前の筋肉は固くなってしまい前後左右のバランスが崩れていってしまいます。太腿裏ばかりを伸ばしてしまうと筋肉が前に引っぱられ、前に優位に働くと裏の筋肉が使われなくなりお尻も垂れやすくなってしまうのです。
このようなことが原因でお尻が垂れている場合には、太腿裏ばかりを伸ばしていることが原因なのですのでその反対側の筋肉も伸ばしていき固くなった筋肉を解消していく必要があります。
おすすめのエクササイズとしては、両手を頭の後ろに置いて両肘を広げ、胸を開いた状態で膝を立てながらお尻、腰、背中の順で意識をしながらゆっくり腰を上げて体を持ち上げます。この状態で1秒間キープし、そのままゆっくり背中、腰、お尻の順番で下ろすのを繰り返します。
そのほかお尻と太腿の筋肉を意識しながら、歩幅を大きくするようなイメージで力強く地面を蹴り出すようにウォーキングすることも効果的です。

Comments are closed.

最近の投稿