失敗しがちな頭皮ケアについて

失敗しがちな頭皮ケアについては、すすぎが十分でなかったり、刺激の強い洗浄力の高すぎるシャンプーを使っていたり、濡れた髪を自然乾燥するなどのことがあげられます。シャンプーで洗っても、すすぎが十分でないと頭皮に汚れが残ってしまいます。すすぎが重要ですから、しっかりとすすぐようにしましょう。また、リンスやコンディショナー、トリートメントなどは髪の毛に使うべきものであって、頭皮に付けるものではありません。頭皮につけてしまうとかえって頭皮を傷めてしまう原因になりますので、なるべくつけないように心がけるとよいです。シャンプーと頭皮の相性も大切です。洗浄力の高すぎるシャンプーを使うと必要以上に皮脂を奪ってしまい、乾燥や過剰な皮脂分泌の原因を作ってしまいます。シャンプーは頭皮と相性のよいものを選びましょう。濡れた髪の毛をそのままにしておくと雑菌が繁殖しますし、頭皮が冷えてしまいます。頭皮ケアのことを考えるのであれば、手早く乾かしたほうが効果的です。タオルドライをしっかりした後は、ドライヤーなどを使って手早く乾かすようにしましょう。ドライヤーによる髪の毛の痛みが気になるのなら、ドライヤーを高機能なものに買い換えるなどの工夫をしましょう。

Comments are closed.

最近の投稿