シャンプーを選ぶ時の注意点

 

頭皮環境を整えるために毎日の洗髪に気を使っているという方も多いと思いますが、シャンプーの選び方を間違えているとかえって頭皮に負担をかけてしまいます。

現在市販されているシャンプーの多くは石油系界面活性剤が洗浄剤として配合されていますが、こうした製品は非常に洗浄力が強いため、頭皮の皮脂を取り除き過ぎてしまうのです。
皮脂は頭皮を乾燥や刺激から保護する役割を担っているので、皮脂を取り除き過ぎると頭皮が乾燥してバリア機能が低下するため、頭皮環境が悪化してしまうというわけです。

こうしたトラブルを防ぐには、アミノ酸系シャンプーを利用するのが有効です。
アミノ酸系シャンプーとは、石油系界面活性剤を一切使用せずに頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄剤を配合した製品のことで、主にココナッツオイル(ヤシ油)を原料とする天然由来の洗浄剤が配合されています。
天然由来の洗浄剤は皮脂を取り除き過ぎずに頭皮のバリア機能を維持することができるので、頭皮に負担をかけずに利用できるのが特徴です。
現在ではアミノ酸系シャンプーも増えていますが、石油系界面活性剤が配合された製品と見た目には区別がつきにくいので、両者を見分けるには成分表に着目するのがポイントです。

石油系界面活性剤の配合されている製品には、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸などの〇〇硫酸という単語が含まれた成分が配合されています。
これに対してアミノ酸系の洗浄剤が配合された製品は、ココイル、ココアンホ、ラウロイル、コカミド、グルタミン酸のうちいずれかのワードが含まれている成分が配合されているのが特徴なので、各商品の成分表をよく確認した上で購入しましょう。

Comments are closed.

最近の投稿