おすすめできないアンダーヘアの自己処理方法について

 

水着を着る際に気になるのがアンダーヘアです。
しっかり処理していないと、「水着からはみ出さないか」と心配で楽しめません。
ただ、アンダーヘアを自己処理する事は、おすすめできない方法でもあります。
自己処理は手軽でお金もかからないという手軽さが魅力ですが、一方で肌トラブルを起こしやすいという側面があります。
特にカミソリと毛抜きによる自己処理はおすすめできません。

Vライン・Iライン・Oラインといった部分の皮膚は、他と比べると色素沈着ができやすいと言われています。
カミソリで自己処理を行うと、その刺激によって色素沈着から黒ずみとなりやすいのです。
1度、黒ずみができてしまうと、薄くするには長い時間がかかります。
また、アンダーヘアは太く濃いので除毛した場合、伸びてきた時にチクチクするといった不満も出てきます。

毛抜きで自己処理すると、毛嚢炎や埋没毛になりやすい為、注意が必要です。
無駄毛を抜いた後の毛穴は開いており、そこから雑菌が侵入しやすい状態です。
雑菌が入り込むと炎症を起こす、毛嚢炎を引き起こす恐れがあります。
また、角質が毛穴を塞ぎ毛穴の中で無駄毛が成長してしまう、埋没毛にもなりやすい点が特徴です。

このようなトラブルを引き起こさない為にも、アンダーヘアは脱毛で処理しましょう。

Comments are closed.

最近の投稿