臭いの原因になる「イソ吉草酸」とは?

イソ吉草酸とは、脂肪酸の一種で足の臭いの原因になっている物質です。靴を脱いだ時のいやな臭いは気になるもの。食事会など靴を脱がなくてはいけない場面で冷や汗をかく思いをする人は少なくないはず。何とか防ぐ方法はないものなのでしょうか。
イソ吉草酸は、足にかく汗そのものに含まれているわけではなく、ほとんど密閉された空間である靴の中でかいた汗や脂などの分泌物をバクテリアなどの雑菌が分解することによってできるものです。ということは、汗をかくのは仕方がないとして、イソ吉草酸を発生させる雑菌が増えない方法を試してみることで、足の臭いの防止につなげられそうです。
まずは、同じ靴を続けて履かないこと。靴の中を清潔に保つことで雑菌を抑えましょう。そして、足をきれいに洗うこと。足そのものを清潔に保つことで雑菌の数を減らします。足指、足裏も丁寧に洗うことで効果が上がります。また、靴下にも工夫をすると良いでしょう。抗菌、防臭機能をもった靴下も多く発売されていますし、5本指の靴下は指の間の汗や皮脂をたまりにくくしてくれるので、より効果的です。それでも気になる場合は、半日程度で靴下を履き替えるなどの工夫をしてみると良いでしょう。
足をできるだけ清潔に保ち、雑菌を抑えることで、臭いの原因になるイソ吉草酸を発生させないように気を付けることが、いやな足の臭いは解消につながると心得ましょう。

Comments are closed.

最近の投稿