なりたくないデカ顔になってしまう原因について

女性にとってデカ顔は大敵です。
デカ顔になる原因は、加齢による肌のたるみやむくみなどがあります。

むくみは、血流やリンパの流れが滞ることで代謝が落ちてしまい、水が溜まっておきます。
夜更かしをしていたり、大量の飲酒を普段からしていると影響が出やすいです。

また、眠る前にたくさん水分をとると、翌朝むくみになります。
水分補給も大切ですが、ほどほどにした方がよいです。

塩辛い物や水分の摂りすぎは、むくみをおこして顔をデカくします。
日ごとに、顔のサイズが違う場合はむくみが原因の可能性が高いです。

他にも、日々の習慣によって顔が大きくなることもあります。
最もわかりやすいのが、太ることです。

全身が肥満になると顔も丸くなります。
脂肪が増えているので当然ですが、血流促進効果、脂肪分解を促進させる食品のニンニクやショウガ、黒こしょう、唐辛子、果物なら糖分が少ないグレープフルーツがお勧めです。
そして、適度な運動もして脂肪を燃焼させると効果的です。

他にも、筋肉のコリも影響します。
仕事などでパソコンを長い時間使っていると、肩が前に入ってしまい、首が前に出た状態でコリ固まって代謝を促すリンパが詰まってしまい、大きな顔になります。

Comments are closed.

最近の投稿