水虫が原因の足の臭い

暑くなってくると気になるのが体臭です。足が臭うと他人の前で靴や靴下脱ぐ時にはとても気になります。水虫の人の足は臭うように思われますが、水虫だから特に臭う訳ではありません。水虫はカビの1種である白癬菌が皮膚の角質に寄生しておこる症状です。白癬菌はカビですが、白癬菌自体に臭いの原因はありません。白癬菌は角質にあるケラチンというタンパク質を栄養源にして繁殖して行きます。白癬菌はカビですから温かくて湿度が高い場所で活発に繁殖します。夏になると水虫になりやすくなるのは繁殖する条件が揃っているからです。では足の臭いの原因とは何でしょうか。皮膚には雑菌が常に存在しており、角質や体の皮脂をエサにしてします。雑菌がこのエサを分解する時に出る物質が足の臭いの原因です。白癬菌に好条件の高温多湿は、皮膚上存在する雑菌にとっても良い条件となるので、雑菌はエサを食べて仲間を増やして行きます。足にたくさん汗をかいて、足のお手入れをせずに放置していると白癬菌と雑菌にとってはエサが豊富にあることになります。帰宅したら足を洗い、靴下と靴を毎日変える、古い角質を取り除くための手入れをする事が水虫と雑菌の繁殖を防ぐことになり、原因を絶つことに繋がります。

Comments are closed.

最近の投稿