ムダ毛処理のよくあるトラブルについて

昔ながらの脱毛方法の一つにカミソリでのシェービングがあります。正しく行えば短時間ですぐにきれいにできるシェービングですが、失敗も多いといいます。
カミソリを使ったムダ毛処理でよくあるトラブルが肌を間違って切ってしまうことです。安全刃でも間違った使い方では肌を傷つける可能性があるので、使い方には注意しましょう。また多くの方が経験するのが肌荒れや肌の乾燥です。これは必要な角質まで剃り落としたことが原因です。角質はバリア機能という重要な役割を果たしています。これが減ることで肌は大変危険な状態となってしまうのです。それを防ぐためには新しい清潔なカミソリを正しく使うのはもちろん、脱毛後に一時的に弱くなった肌を守るために入念な保湿をすることです。
また、剃ったのはいいけれど次に生えてくるべき毛が埋もれ毛になってしまったという失敗も多いです。これはカミソリによって切断された毛の断面が鋭く尖ったことが原因です。刃物のように鋭利に尖った毛先が、本来の出口である毛穴とは違う方向に向かって皮膚を突き破って生えてしまった場合が埋もれ毛となるのです。軽度であれば肌のターンオーバーとともに上部に押し上げられてきますが、それが待てずに気になってほじって抜いてしまうと傷跡を残す結果ともなりかねません。毛の流れに沿ってシェービングすることが予防策です。

Comments are closed.

最近の投稿