ここに注意!夏ウォーキングの楽しみ方

 

夏は蒸し暑いですが、日々の日課として、ウォーキングを取り入れている方は、時間帯を選んで、歩くようにしましょう。

日中は陽射しが凄いので、早朝、もしくは明け方くらいからスタートするとよいでしょう。万が一に備えて、ペットボトルに、スポーツドリンクを入れて持参する、ここが大事です。熱中症に注意して、あくまで、健康第一で無理のないようにしなくてはいけません。健康のために行っているエクササイズが、かえって、暑さで、倒れてしまっては本末転倒です。

ウォーキングは20分以上するのが望ましいです。有酸素運動はダイエットに効果があるとされていますが、最低20分の運動から、脂肪が燃焼します。体脂肪を減らすこと、筋肉量をつけることで、基礎代謝が上がり、太りにくいからだになります。同じだけのごはんを食べても、基礎代謝の高い人は、脂肪を燃焼する体つきになっていますので、太りにくいのです。お腹に意識を集め、お腹をへこましたり、出したりのポーズを繰り返すといいでしょう。インナーマッスルを鍛えることが重要です。歩きながらできることなので、ウォーキングの際に、同時にお腹に集中し、歩いてみると、効果が倍増します。鼻から空気を吸って、口から空気を出すことを繰り返すこともインナーマッスルを鍛えることができます。お手軽ですので、やってみましょう。

 

Comments are closed.

最近の投稿