医療脱毛の特徴

医療脱毛は皮膚科やクリニックなどの医療機関で行う脱毛で、代表的なものにレーザー脱毛があります。これはメラニンに熱を生じさせる光波を肌に照射し、毛根を死滅させる方法ですが、照射する可視光線が色の暗い部にのみ選択的に反応するので周囲の皮膚を傷つけません。エステなどでも同様の理論を応用したフラッシュ脱毛がありますが、両者は信頼度が全く違います。医療脱毛で使用するレーザー機器は米国当局において永久減耗効果が認められており、高い出力レベルで処理をしていくので、半永久的な作用が見込めるのが大きな特徴です。広い面積でも照射面を調整することで効率よく短時間で終わります。ムダ毛は一定のサイクルで成長するため、何回か同じ部位に照射する必要がありますが、その回数もレーザーでは最低限の4回程度が平均です。産毛など比較的色が薄く細い毛でもきちんと処理できるのも医療脱毛の利点です。肌の色やムダ毛の質などが原因でレーザー処理できない場合、医師が電気針を使用して1本ずつ電流を通して毛根を腐敗させていくニードル法があります。日本で現在最も永続効果が高く美しい仕上がりが特徴ですが、技術力を要するうえ、時間もかかります。また医療脱毛は安全性が高くトラブルに発展する事はほとんどありません。

Comments are closed.

最近の投稿