意外と疲れる水中ウォーキング

水中ウォーキングは、水の抵抗を受けるので意外と陸上を歩くより疲れます。また水の温度は体温より低いので、体温が低下しないように消費カロリーが増えます。陸上と同じ感覚で歩いても、水の中では上手くバランスが取れません。よって全身運動と有酸素運動を同時に行うので、脂肪燃焼に効果があり体のラインの引き締めが期待できます。基本的な歩き方は、前を向いて進むスタイルですが、足はかかとから着地して足の裏全体をプールの底に着けます。姿勢はまっすぐ背筋を伸ばして前かがみにならないように気を付けます。呼吸が乱れない程度に、無理なくウォーキングします。慣れてきたら、無理のない範囲で負荷を増やします。まず歩幅を大きくします。肩が水に浸かるくらい大股で歩くと。大腰筋が鍛えられて股関節が伸びるので、骨盤の歪みが解消します。次に後ろ向きに歩きます。足の運び方は前向きに歩く場合と反対になります。つま先から着地して、プールの底に足裏をしっかり着けます。背中で水を押すように進むと、腰に負担をかけないで背筋を鍛えることができます。また腕を振りながら歩くと二の腕のシェイプアップができます。肩甲骨を意識して歩けば、肩こり改善にも効果があります。

Comments are closed.

最近の投稿