フケの原因について知ろう

フケには大きく分けて乾性のタイプと脂性タイプの2つに分類することができます。それぞれのタイプは発生原因や症状も異なりますので、タイプ別の正しいケアを施すことが改善の近道です。乾性のタイプとは頭皮は乾燥した状態で、さらさらした質感のフケを意味します。肩にまで落ちるタイプが一般的です。乾性フケの発生の原因は頭皮の乾燥状態にあります。水分量が低下し頭皮に潤いが無くなることにより、必要な皮脂が奪われてしますことが要因だといいます。過度なストレスやバランスの悪い食生活など、不規則な生活習慣もその原因です。また頭皮に合わないシャンプーや整髪剤を使用することでも、頭皮環境が乱れることがあります。一方脂性タイプは頭皮が脂症で、ジメジメと湿った状態の質感が特徴です。乾性と異なり肩まで落ちることはなく、そのほとんどがブラシや毛髪の付着しています。脂性フケの原因はマラセチア菌という、特定の細菌によるものが大きく関係しています。この菌は全ての人に存在する常在菌ですが、過剰な皮脂分泌や汗により菌の繁殖が増えることにより発生しやすくなります。また夏場の温暖な気候や、栄養不足もその要因です。特に動物性脂肪やコレステロールの摂り過ぎによる、皮脂分泌の増加は脂性フケを招く大きな要因となります。

Comments are closed.

最近の投稿