ヒップアップで脚長効果!太もも裏の簡単エクササイズ

太ももの裏ってあまり自分で見ることは少ないです。ですが、少ないからこそ油断しがちな部分です。太ももの裏はセルライトが出来やすい部分なので知らないうちにすごい脂肪がついていたなんてことになります。夏で露出をすることも多い季節なので脂肪がたくさんなんて嫌だと思う人は多いです。そして、太もも裏の筋肉はハムストリングスと言い、脚の筋肉の中でも、大きめな筋肉です。鍛えにくい筋肉ですが、ストレッチなどで鍛えればちゃんと鍛えることができて、さらに脚やせ効果にもつながります。
やり方は簡単です。まずは膝を立てて寝ます。そして、息を吐きながら坐骨の膝の裏側に向けて引き上げていきます。次に、お尻が浮き始めたら骨盤、ウエスト、背中の順番にゆっくりと背中を床から剥がしていきます。そして、この姿勢を維持します。最後に3、4回深呼吸したら、次の吐く姿勢で背中、ウエスト、骨盤の順番で床を背中に戻していきます。これでハムストリングスを簡単に鍛えることが出来ます。また、ハムストリングスを鍛えると同時にお尻も鍛えることになり自然とヒップアップ効果があります。お尻が上がればヒップラインも綺麗になるので足長効果にもつながり一石二鳥なんです。
最近脚に脂肪がついた人やお尻が下がってきたなと思った人はまず鏡で自分の太ももの裏を確認して、セルライトが気になったら太ももの裏を鍛えるストレッチをして鍛えると良いです。

Comments are closed.

最近の投稿