ファンデーションで小顔を作るテクニックとは

顔を小さく見せたいのは、女性共通の願いではないでしょうか。女優さんでも、多部未華子さんや榮倉奈々さんは顔が小さいことで有名ですが、ドラマなどでも見てもやはり顔が小さそうです。こういった小顔の効果は、背の高さに関わらず、全身のバランスも良くスタイル抜群に見えるところでしょうか。
芸能人やモデルさんのようにもともとの顔が特に小さくなくても、ファンデーションを使い小顔に見せることができます。
よく聞かれるのが、ファンデーションの二色塗りです。顔の色に合ったファンデーションを買うとき、ちょっと余分にお金を出し、暗めのファンデーションを買っておきます。暗めの方は補助として使うものなので、いつも買うファンデーションよりも安価なもので構いません。
顔の中心にはいつものファンデを塗り、暗いファンデは、顔のえら・おでこ・鼻筋の両脇にうっすらと塗ります。顔が全面的に同じ(白い)色だと膨張して見えますが、細部に影を入れることで、顔が引き締まり、小顔に見えます。
また、ポリマーやシリコンの入ったものを使ってみるのも、一つの方法です。顔に密着したポリマーが、肌を寄せて引き上げる…と言う効果があります。肌がきゅっと収斂され、小顔に見えるイメージでしょうか。年齢による肌のたるみなども解決できそうですね。

Comments are closed.

最近の投稿