脱毛はときには痛みがでることも

少し前まで主流だったニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を差し込み電流を流すという方法で、ひどい痛みをともないました。現在では、フラッシュ脱毛と呼ばれる、特殊な光を照射するだけでできるようになり、短時間で広範囲の施術が可能になりました。以前の方法に比べれば痛いという感覚はほとんどありませんが、痛みがまったくないというわけではありません。
フラッシュの光は黒い色素に反応するので、毛が濃い部分や、お肌が過敏な部分の施術には、熱いような痛みを一瞬感じることがあります。お肌が弱い人ほどこの刺激を受けやすく、施術後しばらく痛みが続くこともあります。そのようなときは、冷たく冷やしたタオルを当てたり、保冷剤を使うなどしてお肌を冷やしましょう。
ムダ毛にダメージを与えて脱毛するという方法なので、完全に痛みをなくすのは難しいようです。施術の前に冷却ジェルをお肌に塗るなどして、痛みを軽減する方法を採用していますが、お肌が敏感な人は事前にスタッフに伝えておきましょう。本格的に脱毛する前に、テスト照射をして、お肌に問題が出ないかを確認することもできます。痛みに弱い人も、出力を弱めるなどの対応をとってくれるので、脱毛できないわけではありません。

Comments are closed.

最近の投稿