後で肌トラブルになることもあって大変!

脱毛後、ムダ毛はきれいになくなっても肌トラブルで見た目には美しくない状態になってしまうことがあります。トラブルを引き起こしやすい要因をチェックし、処理時には気をつけなければなりません。
毛抜きやローラー回転機に脱毛器を利用する場合、ムダ毛をきちんとつかめていなくて途中で切れてしまうことがあります。これが埋没毛につながり、一度できてしまうと自然に表面に顔を出すまでにかなりの時間がかかります。目立ちますので気になって引き出してしまう人もいますが、取り出す時に皮膚に傷をつけると今度はそこが色素沈着などのトラブルに見舞われることもありますので、無理やり引き抜かない方が賢明です。肌のターンオーバーを高めることで、表面に顔を出すまでの期間を短くすることができます。
毛穴が開いたまま放置すると、黒ずんだり毛のう炎を引き起こすことがあります。毛のう炎はバイ菌が入ったことによる炎症ですので、清潔に保って抗炎症剤を使用すれば良くなります。黒ずみは汚れや皮脂が詰まったものであり、そのままにすると毛穴がいつまで経っても閉じません。改善するためには身体を洗う時に毛穴まできれいにする必要がありますし、保湿で毛穴ケアをすることも重要です。

Comments are closed.

最近の投稿