汗の臭いも足の臭いの原因に

足は、足にかく汗と雑菌が相まることで嫌な臭いが発生します。
足の臭いが気になるという状態は、エクリン腺とアポクリン腺から排出される汗や足の脂分、皮膚や爪の間に存在している汚れを栄養分とし繁殖した雑菌やバクテリアが排出する排泄物が腐敗した臭いです。
特に要因になるのは、白癬菌と呼ばれるものです。
白癬菌に感染してしまうと、水虫となって症状が現れます。
人間もしくは動物の身体を住処にする寄生虫であり、角質の成分のタンパク質を栄養分とすることから垢が落ちる場所のほぼ全てにおいて生息しています。
ところが、白癬菌と雑菌、バクテリアはどのような場所においても繁殖するわけではありません。
繁殖するためには、温度や湿度が定まった条件を満たしていることが求められます。
湿った場所を好むことから、湿度は70%以上で温度は15度以上の場所では動きが活発になります。
こういった環境下において、肌に付着すると勢い良く繁殖し角質層に侵入し、様々な症状として現れます。
靴を履いている場合は、指と指の間が湿度95%以上で温度が32度以上になるとされていることから、繁殖するためには非常に都合が良い条件になっています。
汗は香りの要因と菌の繁殖の要因になるのです。

Comments are closed.

最近の投稿