Archive for 3月, 2016

チークで小顔を作るテクニックとは

人の輪郭は様々です。額が広いタイプ、頬が広いタイプ、頬が長いタイプ、あごが長いタイプ。理想の輪郭は卵型と言われていますが、完璧な卵型の輪郭の人はなかなかいません。しかし、メイクで目の錯覚を起こし、理想の輪郭に近づけることが出来ます。まず額が広いタイプの人は、額に目がいかないよう、顔の中央にポイントを置きます。頬が広いタイプの人は、顔の中央に丸くチークを入れてしまうと膨張して顔が大きく見えてしまいます。縦長のラインを意識してチークを縦長に入れることによって小顔効果が生まれシャープな印象が生まれます。頬が長いタイプの人は、逆に頬の面積を埋めることがポイントです。チークは横に広く入れ、顔の縦幅を補正します。あごが長いタイプの人は、顔の下半分が膨張して見えるので、顔の中心、やや上めにチークを入れます。チークには、ピンクやオレンジだけではなく、シェーディングカラーというものがあります。肌色よりも1トーン暗い色を、輪郭の削りたい部分に入れることによって、影色の効果で引き締まり小顔に見えます。例えば額の広いことが気になる人は髪の毛の生え際のところ、エラが張っていることが気になる人はエラの部分にシェーディングを入れることによって、その部分が削れて見え、輪郭が補正されます。光と影、凹と凸のテクニックを使い、小顔に見せることが出来ます。

アイメイクで小顔を作るテクニックとは

アイメイクは人の印象を決める上でも非常に重要な存在となります。またそのメイクの仕方も様々に存在しており、目的によって使い分けることが可能です。その上でも最近注目を集めているのが小顔効果を持つアイメイクです。小顔は女性の憧れであり、大奥の方がなりたいと考えています。しかし骨格的・素材的に難しい場合はメイクで小顔に見せることも可能です。そのうえでアイメイクで小顔を作るにはまず肌の色がポイントとなります。肌の色に対し、メイクの色が黒いと陰になってしまい効果を得ることは出来ません。しかし明るい色にすることで影やしわを飛ばして見せることが出来ます。また明るい色は膨張色のため、目元を中心に明るくすることで目元を強調しつつ他への注意を減らすことが出来ます。その結果小顔効果を得ることが可能です。また他にもアイラインで目じりを長くする・上下の瞼の瞳に重なる部分を黒くすることで目自体の縦幅・横幅を増やすことが可能となります。顔は全体的なパーツのバランスにより構成されているため、目を大きく見せることが出来れば自然と小顔に見せることが可能です。他にも様々な方法がりますが、一番重要なことは自分に合ったメイク方法を理解した上で行い、効果を得ることが大切です。

シェーディングで小顔を作るテクニックとは

小顔は美人と言われる条件の1つとされています。
「もう少し顔が小さかったら・・」と、鏡を見てため息をついた事のある方も、多いのではないでしょうか?
顔自体を小さくするには美容整形を受けるしかありません。
ですが、美容整形までは・・という方が大半でしょう。
そこでおすすめしたいのが、メイクで小顔になる方法です。
ちょっとしたコツを掴めば、メイクで小顔も作る事ができるのです。

顔を小さく見せるにはシェーディングは必須のテクニックですが、苦手と感じる方も少なくありません。
シェーディングは入れる位置や色選びを間違ってしまうと、不自然なメイクになってしまいます。

カラーは自分の肌よりも2トーン程、暗めを選びます。
これ以上暗い色だと、塗った時に不自然さが出てしまいます。
また、パールやラメが入っていない、マットタイプがおすすめです。
失敗しにくいのはパウダータイプですので、メイク初心者という場合はパウダータイプを選んでみましょう。

パウダーを入れる位置は、フェイスライン・髪の生え際、あごです。フェイスラインの場合、外側か内側にかけてグラデーションになるように塗ります。
こうする事によって、自然な影ができて顔を小さく見せる効果が期待できます。
生え際も同様です。
あごは先の方に軽く塗りましょう。
付け過ぎてしまわないようパウダーは1度、手の甲などで落としてから塗る事が失敗を防ぐコツです。

ファンデーションで小顔を作るテクニックとは

顔を小さく見せたいのは、女性共通の願いではないでしょうか。女優さんでも、多部未華子さんや榮倉奈々さんは顔が小さいことで有名ですが、ドラマなどでも見てもやはり顔が小さそうです。こういった小顔の効果は、背の高さに関わらず、全身のバランスも良くスタイル抜群に見えるところでしょうか。
芸能人やモデルさんのようにもともとの顔が特に小さくなくても、ファンデーションを使い小顔に見せることができます。
よく聞かれるのが、ファンデーションの二色塗りです。顔の色に合ったファンデーションを買うとき、ちょっと余分にお金を出し、暗めのファンデーションを買っておきます。暗めの方は補助として使うものなので、いつも買うファンデーションよりも安価なもので構いません。
顔の中心にはいつものファンデを塗り、暗いファンデは、顔のえら・おでこ・鼻筋の両脇にうっすらと塗ります。顔が全面的に同じ(白い)色だと膨張して見えますが、細部に影を入れることで、顔が引き締まり、小顔に見えます。
また、ポリマーやシリコンの入ったものを使ってみるのも、一つの方法です。顔に密着したポリマーが、肌を寄せて引き上げる…と言う効果があります。肌がきゅっと収斂され、小顔に見えるイメージでしょうか。年齢による肌のたるみなども解決できそうですね。

小顔矯正ができる!美顔針の高い効果とは

どんなにスキンケアしてもなかなか達成できないのが小顔です。
骨格的な問題はなかなか解消することは難しいですが、たるみを引き締めることで小さな顔を演出することは可能です。
セルフケアでは難しい小顔矯正を可能にするのが美容針です。
これは鍼灸の技術を美容に活かしているものでコスメでのスキンケアやエステよりもさらに深い部分に働きかけることができるものです。
鍼灸はもともと病気の回復や予防に古くから使われてきた療法で、髪の毛ほどの細さの針をツボにさすことにより、高い治癒効果や血行促進効果を引き出すことができるのです。
美容針ではこうした細い針を肌にさしていきますが、ほとんど痛みがなく出血することもない安全な方法です。
針を刺すことで肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチンのような真皮層に直接働きかけることができるので、弾力繊維を活性化して皮膚を引き締めることができるのです。
また、ツボに針を打つことで血行を劇的に促進するので細胞の機能を高めターンオーバーを活性化することができるのです。
骨に直接作用しなくてもこのような皮膚や筋肉に働きかける施術で高い小顔矯正効果を引き出すことができるのが美容針の大きなメリットと言えるでしょう。

冷やしスプーンは毛穴、たるみに効果的だった!

毛穴やたるみを何とかしたいという女性は多いです。
毛穴やたるみの対策として注目を集めているのが、冷やしスプーンとマッサージです。
冷やしスプーンを使った対策方法は、とても簡単です。
まず、スプーンを冷蔵庫で冷やします。
腫れぼったいまぶたは、冷えたスプーンで目元を押さえるだけで、一気に血流がスムーズになります。
また、たるみを感じる場合は、頬の中心から外に向かって冷やしスプーンでタッピングします。
筋肉の流れに沿ってタッピングしていき、筋肉が薄い部分は、スプーンを押し当てます。
お風呂に入ったときに、毛穴が開いた状態の肌に冷やしスプーンをあてると、手軽に毛穴ケアができます。
氷水を用意しておき、スプーンを冷やして気になる部分をタッピングして、次にお湯でスプーンを温めてタッピングします。
タッピングを3分くらい繰り返すことで、温冷刺激となり、肌の新陳代謝が高まります。
スプーンは、カーブがあるので、顔のどの部分にもフィットします。
また、熱を伝えやすいので、冷やして使うと毛穴の引き締め効果が抜群なのです。
小鼻の毛穴ケアには、ティースプーンを使うといいです。
肌を引き締めた後に、保湿ローションを含ませたコットンでパッティングすると、さらに美容効果が期待できます。

ほうれい線にも効く!舌出し、舌回しのコツについて

ふと鏡を見ると、口周りに線が入っている、にっくきほうれい線。
このたった一本のために、5.6歳は格段に老けてみられるし、自分では自覚していないのに、
お手洗いの際に気づく恥ずかしさったら、ないですよね。
ではどうしてほうれい線ができるのか・・
歳を重ねるにつれ重力に勝てず、肌がたるんでくるのはもちろんですが、
口周りの筋肉が鍛えられていないのが問題でもあります。
舌回しマッサージや舌出しをして、ぜひ口周りの筋肉を鍛え、口角も上げて、ほうれい線を撲滅させましょう。

まず舌回しですが、これは口を閉じたまま、舌を口周りに沿って、右回し5回、左回し5回、と
ゆっくり回してみてください。
簡単そうに見えますが、これが結構キツイのです。

また、舌を「べーっ」と思い切り出して、下に上に両サイドにとゆっくり動かしてください。
舌を出している方向に目も動かしてください。
その際、顔全体も一緒に動きますから、小顔効果も期待できるかもしれませんね。

これらを実施してみると、本当につらく、疲れます。
いかに口周りの筋肉が弱いのか。
やはり、意識して動かしてあげないと鍛えられていないのだということが実感できるはずです。

これを毎日繰り返し、ほうれい線を作らない顔を作り上げましょう。

これだけで小顔に?耳たぶ回しのやり方について

耳たぶ回しは、耳たぶの裏に集中しているリンパを刺激することで、筋肉を緩め、リンパと血流の流れを良くすることができます。リンパを流す機能を活性化させることで、リフトアップや顔の歪みの解消、美肌効果などが期待できるマッサージです。
まず、左右の耳たぶの付け根部分を指で軽くつまみます。このとき、耳たぶではなく、顔との付け根あたりをつまむようにします。つまんだ耳の付け根を弱い力で後ろ側へと4回まわします。左右の手のひらを頬へと当て、頬骨からエラにかけてをごく弱い力で4回なでます。なで終わったらもう一度耳たぶの後ろをつまみ4回後ろへとまわします。次は、顎を動かします。下顎を前へと出し、元に戻す動作を4回繰り返します。次に下顎を左右に4往復動かします。動かし終わったら、下顎を前に出し、口を大きく開けます。顎を動かすときは、痛みがない範囲で動かすようにします。ケアを続けることで、少しずつ大きく動かせるようになります。最後に腕を後ろ回しします。両肘を垂直に曲げた状態から方の高さまで上げていきます。この時、手のひらは、内側へと向けて、下顎は前に出しておきます。胸を開くように腕を後ろへと4回引きます。その状態のまま、腕を後ろ回しに32回まわします。

なりたくないデカ顔になってしまう原因について

女性にとってデカ顔は大敵です。
デカ顔になる原因は、加齢による肌のたるみやむくみなどがあります。

むくみは、血流やリンパの流れが滞ることで代謝が落ちてしまい、水が溜まっておきます。
夜更かしをしていたり、大量の飲酒を普段からしていると影響が出やすいです。

また、眠る前にたくさん水分をとると、翌朝むくみになります。
水分補給も大切ですが、ほどほどにした方がよいです。

塩辛い物や水分の摂りすぎは、むくみをおこして顔をデカくします。
日ごとに、顔のサイズが違う場合はむくみが原因の可能性が高いです。

他にも、日々の習慣によって顔が大きくなることもあります。
最もわかりやすいのが、太ることです。

全身が肥満になると顔も丸くなります。
脂肪が増えているので当然ですが、血流促進効果、脂肪分解を促進させる食品のニンニクやショウガ、黒こしょう、唐辛子、果物なら糖分が少ないグレープフルーツがお勧めです。
そして、適度な運動もして脂肪を燃焼させると効果的です。

他にも、筋肉のコリも影響します。
仕事などでパソコンを長い時間使っていると、肩が前に入ってしまい、首が前に出た状態でコリ固まって代謝を促すリンパが詰まってしまい、大きな顔になります。

可愛く見える小顔になる方法!

小顔に憧れる女性は多いですが、顔の大きさにコンプレックスを持っている人は、自身のライフスタイルが原因となって大きな顔になってしまっている場合があります。普段の生活の中でちょっと気にかけるだけで、簡単に小顔に近づくことができます。顔にたるみがある人は、そうでない人よりも顔のサイズが大きく見えてしまいます。たるみは顔の筋力の低下が原因で引き起こされるので、空いた時間にエクササイズをするなどして鍛えると良いでしょう。口を大きく開けるようにして発声練習を行うと、口元の表情筋が鍛えられて顔が引き締まってきます。普段、うつぶせに眠ることが多い人は、顔のむくみに気をつけましょう。顔全体がぱんぱんにむくんでいると、どんなに小顔な人でも大きく見えてしまいます。むくみを感じたら顔全体をよくマッサージして、たまった水分を解消しましょう。髪型も顔の印象に大きな影響を与えます。小顔に見せたいと思うなら、長髪をやめてショートカットにするといいでしょう。短い髪の方が顔周辺のバランスが良くなるため小顔に見えます。髪を短くすると肌に髪の毛があたりにくくなるので、長い髪型でいる場合と比べると、にきびができにくくなるというメリットもあります。

最近の投稿