Archive for 1月, 2016

医療脱毛の利点

医療脱毛は、高い効果を求めている人たちから選ばれています。
医療資格者のみが対応できる方法であり、専用のマシンでの強力なレーザー出力が認められているからです。
そんな医療脱毛の利点は痛みを抑えながら、確実にムダ毛を処理してくれる点にあります。
使用するレーザーは肌ではなく毛母細胞まで到達し、その部分の組織を破壊するため、そこからは二度と毛は生えてきません。
毛周期によって別の毛が成長してきたら、再度同様の施術を行い、これを約3ヶ月に1度の割合で何回か繰り返すことで毛をなくしていきます。
個人差はありますが、早い人でも4回の施術を受ければ満足できるほど変化するので、その場合はだいたい1年もたてば終了になります。
このように回数が最小限で済むおかげで、トータルで考えると料金面でも安く抑えることができます。
また、医療脱毛はレーザーを照射する時間が短いのも利点の1つです。
たとえば両脇の脱毛をお願いする場合では、両方合わせても10分かからずに終わります。
各クリニックで使用しているマシンに違いはありますが、性能アップに伴い照射面積も広くなっており、1度の照射で広範囲の脱毛が可能です。
医療脱毛は、利用者への負担を軽減できるよう考えられている方法だと言えるのです。

サロン脱毛の利点

 

無駄毛の処理方法には、色々な種類があります。
その中でも最近のトレンドとなっているのが、サロン脱毛です。
エステサロンや脱毛サロンといった、美容系サロンでは光脱毛という、サロン脱毛がポピュラーに行われています。

光脱毛は読んで字のごとく、光を使った脱毛法です。
光の種類は様々で、インテンスパルスライトやキノセンライト、クリプトンライトといった光を使っている、エステサロンや脱毛サロンが多いようです。

光脱毛の利点ですが、まず挙げられるのが減毛効果を持つ、脱毛法という事です。
減毛効果とは、無駄毛が生えにくくなる、また生えてきたとしても産毛のような細い毛になるといった効果を現します。
光脱毛の場合、毛根組織に光の熱を加える事で無駄毛を脱毛するのですが、施術を繰り返し受ける事によって、ダメージを受け続けた毛根からは無駄毛が生えにくくなるのです。

ですので、最終的にはカミソリなどで自己処理する必要のない、美肌になります。

もう1つの利点が、施術時間の早さです。
光脱毛は両脇の施術なら約10分程度、背中といった範囲の広い部分の施術でも、約30分程度の施術時間しかかかりません。
施術時間が短いので、予約をしていれば仕事帰りにサッと脱毛できるので、忙しい方も始めやすい脱毛法と言えます。

プロに頼むという選択

むだ毛の自己処理に時間をかけている人は多いです。特に露出度の高い服装をする季節には気になります。自宅でできる方法はカミソリや脱毛クリームなどさまざまありますが、費用が安く済むことと、いつでもすぐ処理できるという手軽さはありますが、すぐに毛が生えてきてしまうため、処理頻度が高くなります。処理頻度が高くなるということは、それだけ肌へのダメージが大きくなります。自己処理後のアフターケアを行うことは当然ですが、埋没毛や炎症、色素沈着といった肌トラブルになりやすいのがデメリットです。

キレイにむだ毛処理したいなら、プロに頼むという選択肢があります。もちろん費用がかかりますが、高い効果が得られるのが最大のメリットです。脱毛のプロは、脱毛や肌に関する知識や技術を駆使して、肌にできるだけ負担がかからないよう、また最高の効果が得られるよう施術してくれます。医療機関で主流となっているレーザー脱毛は、毛の生えるサイクル、毛周期に合わせて数か月おきに施術を行います。徐々に産毛のような目立たない毛になっていきます。そこまでいくのに1年程度かかりますが、仕上がりはキレイで自己処理も不要になるので、むだ毛処理のストレスや肌トラブルから解放されます。

ワックスの種類

デリケートゾーンのムダ毛を処理したいと考えた時に有効な方法が、ブラジリアンワックスです。
ワックスを肌に塗り、剥がす時にムダ毛も一緒に毛根から引き抜いていく方法です。
引き抜いて行う処理の為、時間が経てば、また以前と同じ状態の毛が生えてくる事になります。
ですから、毛の質が変わったり、毛が生えてこない状態になったりするという効果はありません。
ですが、すぐに綺麗な肌にしたいと考えた場合には有効な方法として人気です。
そんな脱毛に使うワックスには、ハードとソフトという種類があります。
ハードは、油性のもので、塗った後、そのまま毛と一緒に剥がしていく事になります。
このタイプは再利用も可能となっている事が特徴ですが、サロンでは衛生面を考え、このタイプの使用を避けている、もしくは再利用できないタイプを選んでいるという事が殆どです。
ソフトは、砂糖や蜂蜜等、食べる事が出来る程、肌に優しい原料で作られており、肌につけた後は専用のペーパーを当てて、ペーパーと一緒にムダ毛を取り除いていく事になります。
現在、多くのサロンではこのソフトタイプのものが使われています。
ソフトタイプは、自宅で手軽に作る事が出来る事でも人気となっています。

抑毛ローションの成分と効果

体毛は女性にとってデメリットを生むものでしかなく、多くの方は脱毛に力を注いでいます。その方法も様々に存在し、毛を抜いたり剃ったりサロンで脱毛など多種多様に存在します。近年注目を集めているのは抑毛という存在です。これは脱毛のように毛を生えなくすることとは違い、毛が生えるサイクルに働きかけて生えにくくするというものです。そのため時間はかかりますが徐々に毛が細く薄くなり、自然に体毛を減らすことが可能となります。抑毛には抑毛ローションを使われることが多く、市販でも売られています。市販品の多くは大豆イソフラボンを含む商品が多いです。大豆イソフラボンには女性ホルモンに類似した働きをします。体毛は男性ホルモンの量によって左右されるため、女性ホルモンの働きが加わることで抑制され、結果的に体毛が生えにくくなります。また成分には美容成分が含まれている商品がほとんどなので、塗るだけでもスキンケアにも繋がります。
しかしデメリットとしては根本的に脱毛ではないため、使用をやめるとまた元に戻ってしまうことが多いです。さらに効果が出るまでに時間がかかるため、長期的に使用する必要があります。そのため、極端に体毛を取り除くというよりは自然に量を減らしたいという方にお勧めです。

お肌ダメージ少なめ?家庭用脱毛器

女性に取って、体毛が濃く目立っているということは非常に恥ずかしいことでもあり、きちんとお手入れをしなければ、肌を見せるファッションは到底楽しめません。そこで、カミソリや毛抜きなど様々なアイテムを使って、自分で処理をしている女性も多いですが、こういった処理方法ではお肌へ与えるダメージが強すぎて、逆に大切なお肌を傷付けてしまいます。また仕上がりもあまり綺麗にはいかないので、どうしてもお手入れの頻度が増え、余計に肌状態を悪くしてしまうといった悪循環に陥りやすいです。見せられる美肌に整える自己処理なら、ぜひ家庭用脱毛器を使いましょう。最近の家庭用美容機器は驚くほど性能が良くなっており、最新家庭用脱毛器は、まるでエステサロンで施術を受けたかのような美しい仕上がりが出せます。操作方法もいたって簡単で、とてもコンパクトな設計のものが多いので、使わないまま箪笥の肥やしになってしまうということがありません。さっと取りだせてすぐに使えるものも多く、無理なくムダ毛処理の習慣がつけられるでしょう。一番のおすすめは、光脱毛器で、ムダ毛がどんどん目立ちにくくなると同時に、美肌効果が上がっていくので、つるつるすべすべ肌が手に入れられます。

広範囲向け|除毛クリーム

体毛が濃いというのは男女ともにコンプレックスを抱えていることが多いです。特に最近では男性も体毛がない方が良いとされつつある時代です。そのコンプレックスを解決するには根本的な体毛を減らすことです。しかしサロンに行ったりするには費用がかかり出来ないという方が多いです。そのため自宅でもできる除毛が注目を集めています。一般的には毛を抜いたり剃ったりが主流ですが、最近では除毛クリームでの除毛が広まっています。
除毛クリームとは身体に塗ってしばらく放置すると、水で注いだり服だけで除毛が出来るというものです。塗るだけなので傷みもなく簡単に自宅で出来ます。また広範囲に塗るお広範囲の除毛が可能となるため、人気を集めています。加えてこのクリーム自体は市販でも購入可能なため、身近に存在します。しかしデメリットも存在します。一つ目に、体毛を除毛できるほど強力な成分を含んでいるため、皮膚トラブル引き起こす可能性もあります。そのため使用する前にパッチテストを行うことが大切です。また使用した後のスキンケアを怠るとダメージが蓄積してしまい、肌荒れにも至るケースもあるため、注意が必要です。次に除毛クリームで除毛できるのは体表に出ている毛のみのため、毛根へ作用するものは少なく、しばらくたてばまた生えてきます。そのため、継続的な利用が必要となります。

自己処理初心者向け|カミソリ・毛抜き

カミソリや毛抜きで自己処理を行っている人は意外と多いようです。自分で処理を行う場合は事前の処理からアフターケアまで管理しなければなりませんので気をつける部分はたくさんありますが、好きな時に好きな部分だけ処理を行えるという点では非常に便利です。
カミソリで処理を行う場合に気をつけなければならない点は主に2つです。1つは力を入れ過ぎないこと、もう1つはシェービングクリームなどを使用して少しでも摩擦を減らすことです。これらの点に気をつけながら処理を行えば、短時間で広範囲のムダ毛を一気に無くすことのできる便利な方法です。
毛抜きの場合は、根元をしっかりとつかんで一気に引っ張るのが上手く処理するコツです。躊躇したり毛先の方を掴んでしまうと、埋没毛になってしまいます。埋没毛になるとどうなるかというと、なかなか表面に出てこないため処理をしたくてもずっと留まってしまうことが多く、せっかくムダ毛を無くしても埋没毛が目立ってしまうこともあります。そうならないためにもできるだけ根元の方を掴むことが重要であり、毛質の細い人ほど注意が必要です。
自己処理法であっても、それぞれの特性を理解して注意点さえ気をつければ、きれいに処理できます。

自分処理方法まとめ

 

脱毛サロンや美容クリニックなどでプロに任せるのも良いですが、自分で処理していく方法も様々あります。

ムダ毛の処理方法は、毛抜き、カミソリ、脱毛ワックス・脱毛テープ、家庭用脱毛器などいろいろな方法があるのでどれが自分に向いているのかわからないという人もいることでしょう。

良い脱毛方法の選び方は、毛穴や肌にかかる負担を最小限にすることと、衛生面を重視して炎症を起こしにくくする方法であることと、どんな方法であっても処理後はしっかりと自分でアフターケアをすることを心がけることです。

毛抜きやカミソリは、非常に安価で手軽な脱毛方法ですが、お風呂場に置きっぱなしにしたり使ったあとしっかりと消毒せずに放置していることで道具に雑菌が繁殖し、次に使用するときにそこから毛穴に雑菌が入り炎症や肌トラブル、埋没毛などの原因になりますので、脱毛するときは毛穴を温めて開かせてから清潔な毛抜きやカミソリで処理するようにしましょう。

また、脱毛ワックスやテープは、しっかりとアフターケアをすることが大切です。
ワックスやテープは貼って剥がすという行為で脱毛効果を得るのですが、肌や毛穴に負担をかけます。
特に脱毛直後の肌は非常に敏感になっていますので、クリームやジェルなどで保湿をすることが重要です。

自己処理の脱毛方法の中でも脱毛効果が高い家庭用脱毛器であっても、処理をする前と終わってからの処置は自分で行う必要がありますので、面倒だと思わずにきちんと行うようにすれば、自己処理であっても炎症や肌トラブルを起こしにくくなりますので心がけておきましょう。

ムダ毛処理方法いろいろ

 

自分で出来るムダ毛処理法には、色々な種類があります。

まず1つ目がカミソリによる除毛です。
カミソリは価格もリーズナブルで手に取りやすい為、多くの方が自己処理に使っています。
カミソリを肌につけて、刃を滑らせるだけで処理できる、手軽さが魅力です。
ただし、事前にしっかりと肌を傷めないようクリームなどで保護し、処理した後もケアしなければ、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしやすいので注意しましょう。

2つ目は毛抜きです。
毛抜きは狭い範囲の無駄毛を処理するのに向いています。
カミソリは皮膚表面に出ている無駄毛を処理するだけなので、すぐに無駄毛が伸びてきてしまいますが、毛抜きの場合は抜くのでカミソリよりも、無駄毛が伸びるスピードが遅くなります。

毛抜きの場合、角質が溜まると埋没毛という、毛穴の中で無駄毛が伸びる症状が起こりやすいので、日頃から保湿ケアを十分に行う事が大切です。

3つ目は除毛クリームです。
除毛クリームはカミソリや毛抜きと比較すると、肌への負担が少ないと言われています。
無駄毛の主成分であるタンパク質を溶かす成分が含まれており、肌にクリームをのせて、無駄毛を処理する自己処理法です。

このように、自己処理の方法はいくつかあるので、肌質などに合わせて自分にあった方法を行うようにしましょう。

最近の投稿