Archive for 10月, 2015

仕事の合間にむくみを解消!美脚デスカサイズ

座りっぱなしのデスクワークでむくむ足。むくみは放っておくとその状態を維持し、どんどん太くなってしまいます。
そうならない為に、仕事中デスクでもできるエクササイズ「デスカサイズ」をして美脚を目指しましょう。
まず、むくみの根本的な原因は、運動不足や冷え等の例が挙げられますので、体を冷やさないようにします。
姿勢が悪いと変なところに脂肪がつきやすくなるので、姿勢も正しく座るよう心がけます。
太ももを引き締めるには、左右の足を組み、お互いの足を20秒間押し合います。
ふくらはぎを引き締めるには、つま先を床につけた状態でかかとを上げ、ふくらはぎに力を入れ15秒、休息10秒、今度はかかとを床につけた状態でつま先をあげ、キープし15秒(ふくらはぎを十分に伸ばします)、休息10秒、これを繰り返し3セットを時間を決めて行います。(最初は無理のないように、慣れてきたら回数を増やします)
足首の引き締め方は、左右5回くらいずつ、くるくると回すだけです。
それでもずっと座りっぱなしは良くないので、トイレの際に全体的に足を伸ばしたり、ストレッチを行うよう心がけた方が良いですし、短時間でも足首から膝へ、膝上から足の付け根へリンパを流すのも効果的です。
同じ体制でいると血液の流れが悪くなりますので、とにかくかかとを上げ下げする等、気づいた時に足を動かすだけでも血液の流れも変わってきますので、癖付ける事が大切です。

即効!美脚エクササイズ

ヒールの高いものを履いていると、O脚になりがちです。
O脚の癖がついて、普段もまっすぐ立てなくなってしまうと変な部分にお肉がついてしまいます。
O脚を改善してあげると、美しい脚を手に入れることができます。
美脚のエクササイズとして簡単かつ即効性のあるものがあります。
無理にまっすぐ立とうとしても、O脚になってしまった人にとっては痛みを感じます。
紹介するエクササイズは、無理のない程度までやっていればO脚が改善します。
まず、踵をそろえて立ちます。
その時はO脚でも構わないです。
ゆっくりと中腰になり膝を少し曲げます。
膝が少し曲がると、左右の膝を容易にくっつけることが出来るようになります。
その膝をくっつけたままでゆっくりと立ち上がります。
そうすると、離れていた膝がくっついてまっすぐ立つことができます。
すぐにまっすぐに立てるようになりますが、普段の生活をしていると簡単に戻ってしまいます。
ちょっと空いた時間を利用して、毎日続けることが重要になってきます。
やっているうちに、O脚が原因でついたお肉も落ちて行きます。
まっすぐ立つ筋肉もついて、ヒールを履いていても自然にまっすぐ立てるようになっていきます。
少しの心がけで美脚が手に入ります。

ネイルが映える美脚の作り方

足が太いとだらしなく見えてしまい折角のネイルも台無しになってしまいます。足が太くなる原因としては、筋力不足とむくみが上げられます。それらを解消することによって爪を彩っても台無しにならない美しい足を作ることができるようになります。
美脚の作り方としては、むくみを解消してくことが望ましいとされています。足は心臓からは慣れているため血液やリンパの流れが滞りやすく、代謝が下がってむくみやすくなります。それを解消するためには毎日のマッサージによって血液やリンパの流れを改善していくことがおすすめです。
足の裏のツボを押したり、青竹を踏むなどを行って足裏のリンパの流れを良くしていったあと、ふくらはぎの内側を小さくつまみながら老廃物を揉み解し、両手でふくらはぎ全体を流していき、膝裏を押してリンパの流れを良くした後、太腿も同じように小さくつまんで老廃物を揉んだ後は同じように太腿全体を下から上へ流していきます。
このようなマッサージを行うと同時に、ウォーキングなどの運動や手軽に行えるエクササイズやヨガなどを行いながら、むくみを解消する食材を食事に取り入れていくなどを行うことによってむくみを解消して、美しい足を作ることができます。

効率良く太ももを痩せる方法

太ももは、何も行わなければ使用する筋肉というのは限定的になってしまいます。
そのため、使用する機会が少ない筋肉は緩んでしまい、たるみの症状となって現れます。
そこで、簡単で日課として取り入れることができるストレッチを行うことを心がけましょう。
しかし、注意する点があります。
それは、やり過ぎに注意するということです。
頑張ってやりすぎてしまうと、筋肉が大きくなってしまうため太くなることから逆効果であると言えます。
綺麗な太ももと言っても太ももの理想的な太さというのは、人それぞれ異なるため定義があるわけではありません。
健康的なサイズは、自分の身長に0.31をかけることで求めることが可能です。
そして、ストレッチはできるだけ入浴後の20分以内に行うことを心がけましょう。
入浴後の20分は、血行が非常に良く脂肪を燃やしやすい状態になっています。
そのため、この時間にストレッチを行うことで、効果的に痩せることができるのです。
具体的な方法としては、まず太ももの前部分を伸ばします。
次に、ハムストリングスと呼ばれる裏側を伸ばします。
そして、内側を伸ばします。
内側を伸ばす際には、横になりましょう。
体力に合わせて無理をせず、効率良くストレッチを行いましょう。

美脚になる方法

太ももは、太さが最も気になってしまう点です。
太ももの部分から上に履けないようなズボンは、簡単なストレッチを日課にすることで履けることが可能になります。
こうしたストレッチを行う際には、自分の太ももがなぜ太くなっているかという原因を追い求める必要があります。
デスクワークや立ち仕事が多い方であればむくみが要因ですし、脂肪がたくさん付いていることが要因であればセルライトの除去を考えなければなりません。
さらに、筋肉が多いことで太くなっている筋肉太りが要因の場合は上手に使わない筋肉を小さくする必要性があります。
むくみが要因の場合は、リンパの流れが悪い状態になっているので入浴時に湯船にしっかり浸かり、気になる部位をマッサージしてあげることを日課にすると徐々に細くなっていきます。
脂肪が要因の場合もむくみの解消方法と同じく、全身を温めて血行を良好にしてマッサージを行うことが効果的です。
しかし、脂肪が要因の場合はセルライトが付いている可能性が高いのでセルライトが残ってしまわないように気を付けましょう。
筋肉が多いことが要因の場合は、使う機会が少ない筋肉を柔軟にしてあげることで普段は小さく見えるため形が目立ちにくくなります。
各々の要因を見極めることが美脚への近道です。

みるみる太ももが細くなる座ったままダイエット

太ももの悩みを抱える女性は少なくありません。ダイエットしたいがなかなか続かないという人がほとんどでしょう。そんな女性におすすめなのが座ったままで行なえるダイエット法です。骨盤ダイエットとも呼ばれるこの方法で、気になる太ももがみるみる細くなっていくのを実感することができるでしょう。このダイエット法の原理としては、太ももの内側に刺激を加えることによって血流を促し、太ももを引き締めようというものです。方法は非常に簡単であるため、誰もがすぐにでも採用することができます。まず両脚の間にクッションを挟んだ状態で椅子に座ります。その際、両手は頭の後ろに添えるのがポイントです。こうすることで背筋がピンと伸びるのを感じるでしょう。お腹をへこませ、息を吸います。その後、息を吐きながら両脚でクッションを挟んでへこませるようにします。次に息を吸いながら脚の力を抜き、へこませたクッションが元の状態に戻るようにします。これを呼吸と同時に行なうのがポイントです。この方法を何度か繰り返すうちに太ももは細くなります。広い空間を必要とせず椅子に座ったままでできるという手軽さに加えて、特別な物を用意する必要もないため、たいへん気軽に行なえるダイエット法と言えるでしょう。

ヒップアップで脚長効果!太もも裏の簡単エクササイズ

太ももの裏ってあまり自分で見ることは少ないです。ですが、少ないからこそ油断しがちな部分です。太ももの裏はセルライトが出来やすい部分なので知らないうちにすごい脂肪がついていたなんてことになります。夏で露出をすることも多い季節なので脂肪がたくさんなんて嫌だと思う人は多いです。そして、太もも裏の筋肉はハムストリングスと言い、脚の筋肉の中でも、大きめな筋肉です。鍛えにくい筋肉ですが、ストレッチなどで鍛えればちゃんと鍛えることができて、さらに脚やせ効果にもつながります。
やり方は簡単です。まずは膝を立てて寝ます。そして、息を吐きながら坐骨の膝の裏側に向けて引き上げていきます。次に、お尻が浮き始めたら骨盤、ウエスト、背中の順番にゆっくりと背中を床から剥がしていきます。そして、この姿勢を維持します。最後に3、4回深呼吸したら、次の吐く姿勢で背中、ウエスト、骨盤の順番で床を背中に戻していきます。これでハムストリングスを簡単に鍛えることが出来ます。また、ハムストリングスを鍛えると同時にお尻も鍛えることになり自然とヒップアップ効果があります。お尻が上がればヒップラインも綺麗になるので足長効果にもつながり一石二鳥なんです。
最近脚に脂肪がついた人やお尻が下がってきたなと思った人はまず鏡で自分の太ももの裏を確認して、セルライトが気になったら太ももの裏を鍛えるストレッチをして鍛えると良いです。

オススメヨガポーズでムッチリ太ももを引締める

スラリと引き締まった太ももは、女性にとって憧れますよね。
この部分に余分な脂肪が付いていると、下半身全体が太って見えてしまいます。
日常生活で大きく動かす機会が少ない部分なので筋肉が衰えてしまい、結果老廃物が溜まりやすく脂肪が付いてしまうのです。
手で触ってみて冷たいと感じたら要注意です。
血流が悪く、セルライトが付きやすい状態になっているかもしれません。

太ももにはスクワットが効果的と言われていますが、きちんとした姿勢で行わないと腰を痛めてしまう事もあります。
そこでお勧めなのが、身体への負荷も少なく、簡単に自宅で行えるヨガです。

オススメヨガポーズとして「三日月のポーズ」があります。
まず腰を落として、左足を床につけ、右足は大きく前に踏み込みます。
両手はまっすぐ頭上に伸ばし、左足の付根に体重が掛かるイメージで伸ばしていきます。
心地よく左足が伸びている事を感じたら、深くゆっくりと呼吸を繰り返します。
呼吸は5回ほどが目安です。
今度は足を反対にして行います。
立てている方の足は90度に保つ様意識してください。
このポーズは足痩せにとても効果的ですが、全身の血の巡りも良くなります。
腕を上げるので二の腕痩せにも効果があって一石二鳥ですよ。

毎日続けて美脚を目指しましょう。

 

太ももをスラッと細くする!簡単美脚ストレッチ

太ももはダイエットをしても細くなりにくい部分であり、闇雲に運動や足の筋肉トレーニングなどを続けてしまうと筋肉質になってしまいやすい部分でもあります。
そんな綺麗に痩せにくい部分をスラッと細くして、美脚を手に入れるためにおすすめなのがストレッチです。
ストレッチで筋肉を柔らかくすることによって、ももに溜まった老廃物を流す役割を持つリンパの流れをよくすることが出来、むくみを落とすことが出来ます。
また筋肉が柔らかくなると、効率よく脂肪燃焼を行うことが出来るようになりますので、美脚への近道となるのです。
では、どのようなストレッチが効果的なのかというと、まずももの前面部をほぐすストレッチがあります。
両足を伸ばした状態で後ろに両手をついて座り、片方の足をお尻側にゆっくり曲げます。その状態で痛みのない範囲まで体を倒して、伸ばしている方の足側へ体をひねりましょう。
次にももの裏側をほぐすストレッチですが、床に片膝をついて座ります。その状態から上体を前に倒し、床に手をついて、お尻は逆に後ろ側へ床と平行に引きます。
どちらのストレッチもゆっくりと深い呼吸で行うことが重要です。
また筋肉が固まっていると少しのストレッチでも痛みが出やすいので、痛みを我慢して続けるのではなく痛くない範囲内で続け、徐々に負荷を上げていくようにしましょう。

内ももの隙間をつくる!もも裏ストレッチ

夏本番が近づいてくると、気になるのが足の太さです。短めのスカートやパンツを着用する機会が増え、太ももの太さが気になります。そのため、足に自信がないと足を露出したスタイルの洋服が着られなくなるなど、ファッションが楽しめなくなり、残念な思いをする人も少なくありません。ですが、女性にとってファッションは重要なものであり、いくつになっても楽しんでいたいものです。
そんな太ももに自信がない人に、効果的なもも裏ストレッチを2つ紹介します。
まず、片方の膝を床につかせます。その際、もう片方の足は立てておきます。そのまま背筋を軽く伸ばし、上体を前に倒します。そして、ゆっくりと両手を床につけます。もも裏を感じながらお尻と床が平行になるように後ろに引いていきます。お尻を引く際、ゆっくりとスムーズに引くことが重要です。次に反対の足に変えて、同じ動作を行います。
では、もう1つのもも裏ストレッチを説明します。まず、両足を伸ばして床に座り、両手を体の後ろにつきます。そして、片方の足をお尻の側に曲げます。曲げた足の膝が床から離れないように意識して、腰を伸ばしている足の方にひねります。この時、もも裏に意識を集中しておくことが重要です。次に、左右反対の足で同じ動作を行います。
以上のようなストレッチを日々行うことで、内ももに隙間ができ、自分の足に自信が持てるようになるのです。

最近の投稿