Archive for 9月, 2015

レモンの美味しい食べ方

レモンには主成分であるビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCはコラーゲンやタンパク質を生成するのに欠かせない栄養素です。ビタミンCは言わずと知れた美白効果の高い成分ですが、その以外にも様々な効能があります。ビタミンCは肝臓の働きをサポートする解毒作用があることで知られています。またレモンに含まれる酸っぱい成分のクエン酸は体内の老廃物を除去して、血行を促し体の内側から活性化する働きがあります。


その他にも疲労効果やダイエット効果など、レモンは実に様々な効能を秘めています。毎日積極的に頂きたいレモンですが、そのままで食べるには少々クセがあるのが難点です。レモンを効率良く体内に摂取するには、塩レモンを作り様々なレシピに応用するのが良い方法です。塩レモンは簡単に自宅でも作ることができるので、近年では一大ブームとなっています。用意するのは新鮮なレモンとあら塩と保存容器のみです。完成した塩レモンは常温で数年間は保存ができるといいますから奥が深いです。食べ方はそのまま炭酸に割って飲んだり、お魚やお肉につけておいたりなど多彩な楽しみ方ができます。特に淡泊な白身魚を塩レモンにつけてからソテーする食べ方は、レモンの風味がとても香ばしく美味しいと評判です。

ワキの下の匂いを消すデオドラントとしても優秀なレモン

夏になると、外を歩いているだけで、汗をたっぷりかくため、ワキの下の匂いがきつい人にとっては、本人だけでなく、周囲にも悪臭をまき散らすことになるので、辛い毎日となります。
それが原因で嫌われたりするのは嫌なので、匂いを抑えるため、大抵の方が消臭効果のあるデオドラント製品を使用しています。
しかしそのようなアイテム以外で消臭効果が高いものをお探しなら、レモンを利用することをおすすめします。


アルカリ性の食品が消臭に有効なのは知られていますが、その中でもレモンは非常に優秀なので試してみるようにしましょう。
レモンはビタミンCが豊富な食品で、レモン水として飲むと美味しいですが、飲むのではなく、それを付けた布でワキを拭くと、匂いを取る効果があります。
消臭できるだけではなく、殺菌作用や制汗作用もありますから、ワキガ対策にはレモン水を利用するようにしてください。
基本的にはレモンだけでなく、ビタミンCを含んだ柑橘系のフルーツには同じような効果があるので、レモンに飽きたら、オレンジやグレープフルーツ、シークワーサーなども使ってみるとよいでしょう。
それらを含んだ水を、アポクリン汗腺に直接つけると、脂肪分の酸化を防げますし、雑菌もなくしてくれるので、常にワキの下を清潔な状態に保てます。

髪のフケにレモンが効く理由

レモンにはその栄養素から様々な効能があることで知られています。肌トラブルの改善や便秘解消の効果や歯を白くする効果まであるそうです。中でも男女問わず抱えている髪のトラブルのお悩みである、フケの予防にも効果が期待できるといいます。フケは頭皮の過剰な皮脂や老廃物が排出されずに地肌に残ってしまい発生するものです。


頭皮の過度な乾燥状態や細菌などの影響も大きく受けて発生する症状です。この悩ましいフケの症状にレモンの抗菌作用が効果を発揮するといいます。その使用方法はとても簡単です。入浴の際に頭にカップ1杯程度のレモン汁を振りかけて、軽く頭皮をマッサージした後にタオルを巻いて30分程度そのまま放置します。時間を置いた後はしっかりとすすいでから、通常のシャンプーを行います。この工程を1ヶ月程度定期的に行うことで、悩みのフケの症状が軽減されるといいます。また頭皮が乾燥気味で悩んでいるという方には、別の使用方法があります。オリーブオイルかココナツオイルなどにレモン汁を混ぜたものを、同じように頭皮に塗り込んでマッサージを行います。マッサージを行うことでレモンの成分が地肌に浸透しやすくなり、血行も促進する効果があるのでおすすめです。

便秘に悩んでいる人はレモンを食べよう!

便秘はただ身体が辛いというだけではなくて、肌荒れなどの原因にもなる美容の大敵。食事の量を減らせば治るというわけではありません。きちんと食事をとって栄養をとり、腸の動きを活発化させる必要があります。でも、肝心の便を排出しないとますますお腹が張ってしまい悪循環になりやすいことも。早めにケアをして長引かせないようにするには便秘解消に効果的な食材を積極的にとることです。そこでおすすめの食材は、レモン。


レモンには整腸作用のあるペクチンを多く含まれています。ペクチンは腸内の善玉菌を増やし、便の水分量を適切に調節してくれるため、腸内環境を改善する働きがあるといわれています。朝起きて水を一杯飲むと腸の働きが活性化するといわれているため、この水をレモン水にするとより一層の効果が期待できます。また、ペクチンを効果的に摂取するにはビフィズス菌や乳酸菌が有効とされているため、レモンとヨーグルトを組み合わせて食べるとよいでしょう。レモンにはペクチンによる整腸作用の他にも、ビタミンCによる美肌効果やポリフェノールによる抗酸化作用、クエン酸による疲労回復の効果などもあるため、便秘解消と同時に美容効果も期待できて一石二鳥ですね。

大人ニキビをレモンが改善してくれるって本当?

20代後半くらいからあごや頬などに現れる小さくて白いぶつぶつに悩まされている方はたくさんいますね。
これこそが大人ニキビなのですが、これがなかなか厄介で、なかなか治らないうえに跡になりやすいときています。
思春期の頃のように市販のニキビ薬を使っても改善しませんし、洗顔を一生懸命何回もするというのも、逆に悪化することになってしまいます。
本当にひどい悪化をしている場合は、迷わず皮膚科に行って治療することをおすすめします。


しかし、まだできはじめの初期段階の場合なら、身近にある食材であるレモンで改善が期待できるかもしれません。
レモンといえばビタミンC、ビタミンCといえば美白というイメージがある方が多いでしょう。
しかし、実は大人ニキビにもとても有効な食材なのです。
それはレモンに含まれるクエン酸の働きによるものです。
クエン酸には抗炎症作用があり、 ニキビ菌を撃退し、炎症を抑える働きが期待できます。
利用法は、レモンをしぼって果汁をコットンなどに浸し、患部に直接つけます。
状態によっては少々ヒリヒリすることもありますので、様子を見ながら少しずつ試すようにしましょう。
勿論塗るだけでなく、食べて内側からのケアにも併用すると、より効果が高いといえます。

ダイエットにレモンがおすすめの理由

夏は少しでも痩せようとダイエットに励む人が増える季節です。しかし自己流ダイエットでは思う様な結果が得られない人が殆どです。エステサロンに通えばそれなりの効果は得られますが、少なくとも数万円という費用がかかります。美容外科で脂肪吸引等を行えば更に高額な費用が必要です。


af9920062652lしかし栄養管理と生活習慣の改善を行うだけでも、脂肪を効率的に解消する事が期待できます。中でもレモンを使用したダイエット方法は簡単で費用がかからない事から気軽に行う事ができます。レモンには脂肪を解消する為に効果的な成分が豊富に含まれています。中でもクエン酸は血流を良くして代謝機能をよりアップさせる効果があります。更にカリウムは体内の老廃物の排泄を促し、リモネンはダイエットで疲れた心をリラックスさせてくれます。レモンには体内時計をリセットする効果もあります。肥満体質の人は生活習慣も乱れがちです。朝の目覚めに利用すれば規則正しい生活へのきっかけにもなります。レモンはスライスして塩漬けにしたり、ホットレモンとして飲用すれば日頃から手軽に摂取する事が可能です。費用と手間をかけずに効率的にダイエットを進めていくには必要な食材の一つです。

レモンのデトックス効果とは?

レモンの表面の内果皮にはペクチンが豊富ですから、はちみつ漬けにしてからヨーグルトに入れて食べると健康的です。ペクチンの整腸作用によって、デトックス効果が引き出されることになります。便秘になると余計な老廃物が堆積しますが、排出してしまえばデトックスになります。


af9920062636l

レモンに極めて多く含まれるビタミンCは、肌のデトックスのために欠かせない栄養です。ビタミンCの抗酸化作用によって、メラニンの色素沈着が抑制されます。さらに、皮膚の潤いの元になるコラーゲンの生成にも関わって美肌を作る手助けをします。ヨーグルトに入れて食べれば、アミノ酸や乳酸カルシウムのおかげで丈夫な筋肉や骨も作られます。

レモンが持っている栄養は、デトックスのための基礎として体で利用されます。酸味によって固渋や収斂の作用が働き、多汗の症状を抑えることもできます。有機酸の一つになるクエン酸は、エネルギー源として供給されます。疲労物質の働きを抑えて、エネルギーを有効に使うための手助けをしてくれます。

レモンとヨーグルトを一緒に食べることで、乳酸菌と食物繊維を同時に摂取できることも重要です。食物繊維は善玉菌の餌となり、乳酸菌は他の有用菌の活動を助けてデトックスを推進してくれます。

なぜレモンがむくみに効果的なのか?

朝起きたらコップ一杯の水を飲むことで、血液をきれいにして便秘解消にも繋がるといわれていますが、その水にレモンを加えることで効果がアップされます。

レモンの汁に含まれる成分カリウムやビタミンCによって、血液中の毒素の排出と利尿作用があります。デトックス効果があるのでむくみの解消になります。また、大腸の働きを活発にさせたり、胆汁を増やして消化を促すことで便秘の改善と予防の効果があります。


af9920062607w

レモンの成分にはクエン酸が含まれていますので、疲労回復効果があります。疲労物質を分解して血液を浄化し、血圧を安定させる作用もあります。肝臓の機能を活性化させて老廃物を輩出し、むくみの解消が期待できます。

また、基礎代謝が上がり脂肪と糖分の吸収を抑制しますので、太りにくい体質をつくることも期待できます。肌にハリや潤いが出て便通がよくなり利尿作用が促されてむくみの改善につながります。

このように朝コップ1杯のレモン水には、むくみの改善や美容などにも役立ちます。レモンをしぼることが面倒に感じる場合は、市販の100%のレモン汁を利用することもできます。牛乳やヨーグルトにレモン汁を入れることでカルシウムの吸収を高めることができますのでおすすめです。

レモンに含まれている栄養素とは

レモンに含まれる代表的な栄養素には、クエン酸とビタミンCが挙げられます。クエン酸は疲労回復効果があることで知られ、レモン以外にもイチゴや梅干し、キウイなどに多く含まれています。


af9920062603w一方のビタミンCは、美容に良いことが知られていますがその主な作用としてまず、肌の老化を防ぐ、メラニン色素を抑制することによりシミの予防や改善となる事が挙げられます。またコラーゲンの産生を促し、肌にハリを与えるといった作用もあります。この他にもニキビ予防につながる抗炎症作用や、毛穴トラブル対策にもビタミンCは有効です。レモンはそのままではすっぱすぎて食べづらいですが、果汁にはちみつを加えて水やお湯を加えて飲む、レモネードにすると飲みやすくなります。ビタミンCは美容以外にも肝臓の働きを助ける作用もあるため、二日酔いの際にレモネードを飲むとスッキリします。また水やお湯ではなく炭酸水を加えると、レモンスカッシュになります。この他にも一時期話題となった塩レモンは、様々な料理の調味料にすることも出来ます。その作り方は、切ったレモンを保存ビンの中に塩とともに1ヶ月ほど漬けるだけというものになります。塩レモンは肉料理や魚料理のソースや、サラダのドレッシングなどの他にも、パスタの味付けに加えるという使い道があります。

キレイになりたい人女子には”レモンのチカラ”!レモンの美容・ダイエット効果

af9920062495mスーパーで気軽に購入することが出来る「レモン」には、秘められたダイエット効果や美容効果があります。


レモンに多く含まれるビタミンCには、肌の新陳代謝を活発にし、シミやそばかすなどの沈着を予防する働きがあります。真夏は、日焼け止めクリームを付けて日焼け予防をしていても、少なからず肌にダメージはあります。そんな時にはお風呂にレモンを入れると、肌が綺麗になり、ムダ毛の脱色効果も得ることが出来ます。お風呂に入れる場合には、農薬などをしっかりと洗い流してから使うようにしましょう。
そして、レモンにはクエン酸が含まれています。クエン酸には、老廃物の排出・脂肪燃焼を促す効果が期待できますので、ダイエット効果を得ることが出来る場合もあります。レモンを搾り、そこにナチュラルシロップを加える事により、栄養を効率よく補給することが出来るとともに、空腹感を和らげることができるので、摂取カロリーを抑える効果が期待出来ます。なお、このドリンクのカロリーは6杯飲んでも茶碗一杯分のご飯にしかなりませんので、安心して飲むことが出来ます。カロリーの高い間食を防ぐことが出来るため、余分な脂肪を燃焼させることが出来ます。
美容にダイエットにと、一石二鳥の効果が期待できます。

最近の投稿