Archive for 8月, 2014

ダイエットは食事で行なう

現代では女性や男性に関わらずダイエットを目論んでいる方が多くなっていますが、それは食生活がファーストフードやコンビニエンスストアのお弁当など、自炊とは違い、高いカロリーを摂取する事になる食事を、「快適」や「気軽」な気持ちが要因で選んでしまっている事が目立ちます。

犬11

もちろん、必ずしもそれらの食事が身体を絶対に太らせてしまうという要因になるものではありませんが、少なくともカロリーを管理して健康的な食事を行なっているよりはずっと体重に悪影響をおよぼす可能性は高いと言っても良いでしょう。

 

ダイエットをするには運動も良いのですが、食生活を改善する事が最終的には必要になります。

 

いくら運動によって脂肪を燃焼し、カロリーを消費しても、運動によって消費したカロリー以上の食事をしていては痩せるどころか、おもむろに太っていってしまう事も考えられます。運動量に対して食事の量の管理も適切に行なう事がダイエットには欠かせなくなるため、食事の量を正確に管理して、今までのカロリーの高い食生活から改善してみてはいかがでしょう。現代では、便利な事にネットや雑誌、もしくは食材そのものにカロリーのチェックを行なう事が出来る様になっているので、自分の目で見て食生活を改善する事が出来ます。

料理に対する興味を持つ

趣味や嗜好は個人によって大きく異なりがあり、好みははっきりと分かれる事が大きく当てはまる事として「料理」が挙げられるのではないでしょうか。

 

犬10
「料理」や「食事」に対して興味や関心が無い方は、だらしのない食生活を送りがちになってしまう傾向も否めないでしょう。食事の大切さを知る事も食生活の改善には重要な項目ではありますが、料理に対して興味を持つ事は大切になります。料理に対して興味のない方は、レトルトや即席系の食事、もしくは出来上がっている総菜を元に食事をとってしまう事があるでしょうが、それでは普通に考えて栄養がある食事ではありませんし、加えて健康面に大きな悪影響を及ぼしてしまう可能性も十分にあります。まず、食生活を改善するには料理に対して興味を持ち、率先して料理を自発的に行なう様な習慣を身につける事が望ましいと言えます。

 

結論、自炊をして健康的な食事をとるという事が望ましいという事になります。自堕落な食生活の改善は健康、美容、身体の成長に大きく影響を及ぼす事になります。食事は生涯、当然の様に行なっていくいわば生物にとっての「義務」なので、料理に興味を持ち、自分の好きな食事を作っていくという事は非常に大切な事なのではないでしょうか。

自炊への意識を高める

日常生活で普段から「食生活」に気をつける事は健康面、そして体力面を考慮すると非常に大切な項目として挙げる事ができます。普段、食生活を疎かにして、コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜で簡単に済ます事も現代では珍しい事ではないでしょうが、本来、保存料等、身体に有害なものを出来るだけ摂取しない為には「自炊」をして食生活を改善する事が望ましいと言えます。

 
一見自炊と耳にすると手間がかかって面倒といった印象が強い事ではありますが、自炊のメリットとしては自分の好きな献立を作る事が出来ますし、栄養面を考慮した食事を意識的に作る事も出来ます。もちろんコストを考慮しても、長期的なスパンで見れば自炊の方がより生活には大きなメリットがあるといっても良いでしょう。確かにコンビニなどのお弁当で済ますという事は「手軽」で面倒な事は一切ないので、食事を作るのに面倒を感じる方はその方が快適かもしれませんが、将来の健康を考えると、今しっかりと自炊をして食生活を改善しておく事は大切になります。手の込んだ料理を始めから作る必要がある事は無く、まずは簡単に作れるものからでも、レシピを調べて実際に自炊で健康的な食事を作られてみてはいかがでしょうか。犬09

食べる時間を規則的にする

食事習慣が雑な人は、食べる時間がいい加減であったり、変則的で合ったりすることが多くあります。昼夜逆転している人、休憩などの時間が決まっていない仕事ではある程度は、仕方がありませんが、ストレスの発散のために食事を多く食べ過ぎる、コンビニ弁当やカップラーメンだけで済ませる、ということが多いと、胃腸にも負担がかかりますし、食事自体が雑になってしまうことがあります。犬08

 
食べる時間は、基本的に一日三食、朝食はパンやコーヒー、コンビニ弁当などよりは、バランスのよい食事を多少ゆったりでも取れるようにする方が、頭の働きも良くなりますし、便秘や胃痛などの症状を改善することができます。毎日の食事がどうしても不規則になってしまいますが、食事の食べる量は、出来る限りバランスのよい野菜や魚を中心にすれば、カロリーなども余計に取り過ぎることがあります。また、寝る前に一度にたくさん食べる習慣がある人は、出来る限り軽めにして、ヨーグルトや、サラダなどの健康によい食事に切り替えることです。晩酌のある人も、アルコールを過度に飲みすぎる、などの生活は出来る限り避けるようにして、日頃から余計な負担をかけないように注意を払ってください。

極端な食べ過ぎはしない

現代は仕事中心になりやすい生活をしていることもあり、空いた時間に食べ過ぎてしまうことがあります。アルコールが入るオフの時間では、ビールとから揚げなど、脂っぽい食事が多くなり、肥満の原因になることがあります。一度の食事で食べ過ぎてしまう傾向は、胃腸の負担も多くなりますし、体重増加の要因にもなります。また、食べ過ぎの習慣が身についてしまうと、普段の食事では満足できない事が多くなってしまい、習慣となってしまうことがあります。

 
食べ過ぎをしてしまう人には、朝食を食べる習慣がない、味付けが濃いものが好きな人が多い、などの特徴があります。また、自炊する習慣がないと、つい外食先では大盛りやおかわりなどを何回も繰り返してしまう、などが目立ってしまうことがあります。このような習慣は大変危険なものであり、食べ過ぎが習慣化してしまうことがあります。飲み放題、食べ放題などを日本人は好む習慣がありますが、料金が同じということで「元を取ってしまおう」などと考えると、逆に健康を害する要因になります。無理に食べ過ぎる、ということを避けて、普段から「腹八分目」という事を意識するようになれば、食事で食べ過ぎることも意識的に避けられます。
犬07

野菜を多く採る

犬06日常生活では、あまり意識していないことですが『野菜』には、ミネラルやビタミンが多く含まれており、新陳代謝や身体の調子を整える上で、大切な要素が多く含まれています。特に、かぼちゃ、にんじん、トマト、ブロッコリーなどの緑黄色野菜には、大根やキャベツのような野菜よりも、ビタミン類が多く含まれていることもあり、身体の調子を整える働きがあります。これらの緑黄色野菜は、日常生活でそれほど多く食事の中で食べることも少なく、自分で自炊しようとすると、なかなか加工が難しい、ということがあります。
一つの改善の方法としては、コンビニ弁当などの食事が多い人でも、普段からなるべくサラダを購入するようにする、外食が多い人でも定食などの一品で、かぼちゃの煮つけなどの、緑黄色野菜の多い食事を取る、などを増やすことです。中華料理でも八宝菜などを取り入れる、などを気を使うようにすれば、大幅に食事に対する配慮を増やすことができます。自宅で食事をするときにも、なるべく野菜を加えたメニューを多くすれば、ビタミンやミネナルなど、バランスのよい食事を取り入れることができます。極端に野菜に気を使う必要もありませんが、毎日意識を変えるだけでも大きく違います。

過度の飲酒に注意する

}PgžxQ

 

過度の飲酒は、肝硬変や風痛、などのさまざまな病気の要因になります。日本人はストレスをため込みやすく、一気飲みなどお酒を多く飲むのが美徳とされていることがありますが、過度の飲酒につながりやすい要因で、健康を大きく害する危険があります。自宅で晩酌する習慣がある人も、つい飲み過ぎてしまうことが多く、体調を大きく崩しかねない要因といえます。

 
飲酒は健康的に続けるのであれば、毎日ビールであれば350ミリリットル一缶程度であり、まったく飲まない「休肝日」という日を作ることも健康には有益とされています。ただ、つきあいや営業で飲むことがある人は、飲むときにはなるべく水分を多く摂取し、無理に自分から積極的に飲む時間を多くしない、など、気を配る生活を続けることが大切です。無理な生活を続けてしまうと、アルコール依存症やアルコール中毒など、肝臓に大きな負担がかかるほか、心臓や脳にも影響がある、危険な薬物であることを理解して、節酒の気持ちを忘れないことです。アルコールと一緒にラーメンなどカロリーの多いものを飲酒後に続けてしまうことも健康には大きな負担になることがあります。そのような習慣は出来る限り減らすよう、心掛けてください。

糖分に注意する

犬04

糖分は塩分と並んで、普段の食事で多く取り過ぎてしまうものです。缶コーヒーなどには1缶500ミリリットルに20グラム以上の砂糖が含まれているとされています。理想的食生活では、一日の糖分は20グラム以下であることを考えるのであれば、非常に量が多いということがいえます。清涼飲料水やコーラは糖分が多く含まれているので、気付かないうちに多く摂取しすぎてしまうことが知られています。
また、チョコレートや、クッキーのように既存品のお菓子にも糖分が多く含まれています。女性の場合には、気付かないうちに多く糖分を摂り過ぎてしまっていることが目立ち、不健康な要因になってしまっています。ダイエットなどの無理な摂食のあとにリバウンドで間食が増えてしまう、小さいときからの習慣で糖分の多いお菓子を食べてしまう、などは健康を害する要因になります。また、外食をするときでも、ついドリンクに糖分の多いドリンクを注文してしまうことがありますが、炭酸飲料などを避けて、お茶を飲むようにすれば、糖分を大きく減らすことができます。普段から意識していないと、この習慣への配慮は十分に出来ないので、ぜひ毎日の生活で意識を改善出来るように配慮してください。

最近の投稿